努力を必要としない

エステティシャン

効果が表れる可能性が高い

小顔になりたいとネットで調べたセルフマッサージやエステサロンでの小顔サービスなど、いろいろな方法があります。しかし、長期間続ける必要がありますし、それで効果が出るかというとそれはまた別問題で、効果がなかった人は努力と時間と費用が水の泡と化してしまうのです。でも、美容整形で行われるボトックス注射による小顔施術は、かなり高い確率で効果を得ることができます。というのも、医学的根拠のある方法で行われているためです。そもそも顔が大きい人の原因の一つは顔の筋肉で、異常に発達して筋肉が太くなったことで顔も大きく見えてしまうわけです。ボトックス注射は筋肉を弛緩させてしまう効果があるため、筋肉が使われなくなります。使われない筋肉は次第に細くなっていき、最終的には顔が小さく見えるようになるわけです。あくまで、筋肉が肥大化したことで顔が大きくなった人にしか利用できない方法ではあるものの、小顔になれる確率は個人のマッサージやエステサロンのサービスの比ではありません。また、注射するだけで運動もマッサージも必要としないため、利用者が何か努力をすることもありません。そのことから、ボトックス注射は多くの女性から高く支持されている美容整形の一つとなっています。

小顔にするためのボトックス注射では、利用者は運土やマッサージなど基本的に何の努力をする必要もありません。ボトックスの成分が神経に作用して筋肉を弛緩させた状態にしてくれるため、無意識のうちに筋肉が細くなっていき、最終的に小顔になる可能性が高いからです。ただし、ボトックスの注入液が一定時間注入した部位に留まって定着してもらう必要があります。定着する前に刺激を与えてしまうと血管へと移ってしまって全身へと拡散してしまいます。全身へと拡散しても、決して害になることはありませんが、当然のことながら注入部位での効果が得られることもありません。そのため、注入したときはその部分をなるべく外部刺激を与えないように気を付けることが大切となってきます。その刺激はさほど大きくなければ問題なく、メイクや洗顔程度の刺激ならば何ら支障はありませんが、過度なマッサージなどは控えるべきでしょう。寝るときは注入した箇所が下になって圧迫しないように気を付けた方がいいです。そして、注入液が定着するのは1〜3日ほどと言われているため、その期間が過ぎればさほど気にすることもなく、自由に過ごしてくれれば後はボトックスの効果で自然と小顔になっていく可能性が高いです。