ブライダルの日に合わせる

注射器

結婚式で綺麗な姿に

結婚式に向けて綺麗になりたいと小顔形成の美容整形を利用される女性は少なくありません。結婚式というのは一生に一度の大切な日で、そのときの写真を少しでも綺麗な状態で残しておきたいと考えるのは、女性なら当然のことです。しかし、美容整形でいきなり顔が変わってしまうと周囲に成形したとみられてしまうため抵抗を示す人も多いです。そのなかで頻繁に利用されているのがボトックス注射で、これも美容整形の一つになります。この特徴の一つは、注射器で注入するだけでその部分の筋肉を細らせていく効果があることで、その効果は少しずつ効いてきます。そのため、周囲に美容整形したとみられることなく、小顔の可愛らしい姿にすることができるのです。また、注射するだけの施術方法となるため、カウンセリングや経過観測などで何度か通院することになりますが、施術のために休暇を取るという必要性もありません。仕事が休みの日だけでなく、仕事帰りに美容整形に立ち寄って施術できるところも多いため、数日の休暇をとって周囲に怪しまれるという心配もありません。このように、周囲に気づかれないまま美容整形で小顔形成できるボトックスはブライダル目的に利用されることが少なくありません。

ブライダルの日に合わせてボトックス注射で小顔形成しようと考えるときは、注入する日程を考慮する必要があります。なぜならば、注入してから少しずつ効果が表れるため、ブライダルの日直前に施術してもあまり効果がありません。基本的には、ボトックス注射してから約1か月後から効果が表れ、その効果は半年から1年くらい続くと言われています。持続時間に差があるのは、利用者の体質やボトックスのメーカーの違いによって生じてきます。ブライダルの日の約半年前くらいに注入すると結婚式当日に最も小顔形成の効果を得られる状態になるでしょう。ちなみに、効果が切れたからと言ってすぐに元の大きな顔の輪郭に戻るわけではなく、少しずつ元に戻ることもありますが、そのまま小顔でいられることもあります。それは、大きな顔の輪郭になっている原因の一つは筋肉であり、ボトックスはその筋肉を細られる効果があるからです。効果が切れた後、筋肉を利用する頻度が多ければ筋肉が太くなり顔の輪郭も大きく、筋肉の利用する頻度が少なければ筋肉が細いままで小顔のままとなります。ボトックスは繰り返し利用することができるため、仮に元通りに戻ることがあっても再び利用することで小顔形成できる可能性が高いです。